「わからなさ」をときめきを持って甘受するというはなし

      

     f:id:laiydt:20170524160626j:plain

 

わからない は 悪?

とても清々しい気持ち悪さでした 

2016年2月1日の朝日新聞のコラムに寄せられていた最初の一文。

ある展覧会を訪れた方の感想の引用です。

 

わたしは心に残った言葉やらなんやかんやをノートに残しているのですが、

そのノートを読み返しているとこの言葉に出会ったので、

この記事はこれをテーマに書いてみようと思います。どきどき

 

 

 

どうしてこの言葉が印象的だったかというと、

清々しさ と 気持ち悪さ は普通はイコールで結ばれるものではないから。

 

ここでいう気持ち悪さとは

「なにかよく分からない得体の知れないもの」を指しているのだけれど、

普通はそういうものってあんまり見たくないし、清々しいなんて言えない。

 

 

じゃあなぜ、よくわからないものに対して

わたしたちは不快感を抱いてしまいがちなのか?

 

  

わたしなりの答えは、

世の中がわかりやすいもので溢れていて、

  かつ無駄なものを排除した完成形が求められているから」。

 

  

だって今の社会はスマホひとつあればなんでもできる。

テクノロジーは日々発展し続けていて、様々なものが最適化され、

自分の思い通りにできる幅は圧倒的に広がっている。

 

「より簡単に」「よりわかりやすく」と簡略化が進むなかで、

「できないこと」「わからないもの」に対しての抵抗感が増しているのではないか、

というのがわたしの仮説です。

 

じゃあそういうわからないもの、面倒くさいものって切り捨てられるべきものなの?

というと、そうではないと個人的には思っています。

 

 

未完の美 という感性

「未完の美」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

本当の美は、心の中で未完成なものを完成させようとする者にのみ、発見されるべきものです ー 岡倉天心THE BOOK OF TEA」より

 

完全ではないものに対して趣を感じる、

わびさびを見出す精神性は古くから日本にあったもの。

 

わたしはこの考え方が結構好きです。

 

最初から完成されたもの(=わかりやすいもの)は

ともすれば人を決まった思考に追いやってしまいます。

 

不完全さ、わからなさを受け止め、自分なりの解釈を加えていくことは、

確かに最短距離ではないけれど、大事なことなのではないかなと思います。

 

 

 

冒頭に引用したコラムはこう続きます。 

何かよくわからないものは人を不安にするが、妙にわかりやすいもののほうが本当は怪しいのではないか。今の自分には理解困難なものとの出会いこそが視野をぐいと開く。だから、不可解なものを不安がるのではなく、ときめきを持って甘受すること。

 

わからないものを拒絶するのではなく、そのわからなさごと受け止め、対峙する。

切り捨てるのではなく、関わっていこうとする。

そこから派生する解釈に唯一の正解なんてないし、たぶんどれも正しい。


 

わかりやすいものばかりに飛びつくのではなく、

そんなわからなさを愛せるようになれれば、

人としての味が出てくるのではないかなと思っています。